Dank Mono というフォントが気になる

雑記

どうもです。コーディング用フォントが気になってます。

Visual Studio Codeのテーマを探している最中に、気になるフォントを目にしました。それがこの、Dank Monoというフォントです。

Dank Mono: The coding typeface for aesthetes
A typeface designed for coding aesthetes with modern displays in mind. Delightful ligatures and an italic variant and bold style.The included character set incl...

フォントを知るきっかけになったテーマはWinter is Coming Themeというもので、青系のスタイリッシュなテーマです。おすすめのテーマです。

Winter is Coming Theme - Visual Studio Marketplace
Extension for Visual Studio Code - Preferred dark/light themes by John Papa

ダウンロード数も多く、評価も高いので、知ってる人も多そう。私も現在適用しています。暗色版にしてるとサイバーチックでできる感ある。普段はフリーのコーディング用フォントだったり、Macにもともと入ってる等幅フォントだったりを利用していますが、使ってるうちに「何かが違うな…」と感じることがあって…。これはその一環で発見したコーディング用フォントです。値段もお手頃だし。

ちなみに、Winter is Coming Themeで紹介されている有償フォントはもう一つあります。Operator Monoというフォント。こっちも見やすさ的には良さげなんですが、値段がエグいです。ウェイトが豊富とはいえ、安くても200ドル弱…。1ドル105円換算で2万円ちょいです。ぶっ飛んでる。

とりあえず、Dank Monoの情報整理。(全部ページに書いてあるけど)

Dank Monoの情報

ライセンス情報

ライセンス価格(1ポンド=135円換算)備考
Personal Licence
※個人ライセンス
£24(3,240円)
Commercial License
※商用ライセンス
£60(8,100円)商用などでフォントの埋め込みが許可されるっぽい?
Dank Monoのライセンス情報抜粋。

購入・支払い方法

個人、商用のどちらのライセンスでも、クレジットカード、PayPalのどちらか。

安全だとは思いますが、こういうところにクレジットカードの情報を入力するのって少し怖いですね。慎重になりがち。

フォントの特徴

  • 等幅フォントで、判別しづらい文字の違いがわかりやすいコーディングフォントである
  • リガチャ(合字)に対応している
  • 一部斜体に筆記体が入っていてかっこいい(微妙に読みづらいかも?)
  • 欧文フォントなので、(当然)日本語は含まれていない
  • 見た感じウェイトが一種類のみ(太字と斜体はある)

ウェイトが少ない分、安めの価格になってる感じですね。コーディング用フォントだと豊富にあっても使わないし、シンプルでありがたい。


正直快適なコーディングができて3,000円ちょいは安いんだけど、一歩が踏み出せない…。しばらく悩むことになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました