Microsoft 365がApple Siliconネイティブに対応したので再インストールする

技術

対応早かったですね。

タイトル通りですが、Microsoft 365(オフィススイート)がApple Siliconネイティブに対応しました。

4 ways Microsoft 365 is improving the experience for Mac users - Microsoft 365 Blog
Microsoft 365 native app support for Apple Silicon Macs.

つい最近セットアップをおこなったばかりですが、インストールしなおします。すぐに来るとはいっても、年明けだと思ってたのになあ…。まさか年内に速攻で対応するとは思わなんだ。

再インストール

やること自体は以下の通り。もはやまとめる必要もないけど…。

  1. 今のMicrosoftアプリケーションを全て削除
  2. Officeマイページからインストーラをダウンロード
  3. インストーラを実行してOfficeアプリケーションをインストール

初回起動時のアカウント認証はスキップできました。キャッシュなどのデータは何も消してないので、認証情報がMac内に保存されていたからですかね?

一応、アプリがちゃんとApple Silicon対応してるかを確認します。適当にExcelの情報で確認。

種類が<アプリケーション(Universal)>になっているので、対応されていますね。

備考

Officeを完全にアンインストールする場合、ライブラリにあるキャッシュなどの各種データ・フォルダも削除する必要があるようです。

Error - Office.com
Error. The page you're looking for does not exist.
のアンインストール-eefa1199-5b58-43af-8a3d-b73dc1a8cae3

今回は再インストールで完全に削除しないからいいかと実施しませんでしたが、完全な削除は結構手間がかかりそうです。ぱっと見てすぐに削除対象のデータが発見できなかったので、findなどを使って探索しないといけないかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました